「仕事辞めたい」を言う時機とは?巧妙に円満退社・転職せよ

辞めたいかどうかは自分の心が決めることだ

私は某農協で営農指導員をしています。営農指導員とは、農家さんを回って困っていることなどを解決に導いたり、木が病気にかかってしまった際の対策などを教えて回るとゆう業務です。私は女性ですが高校の時に農業に惹かれ、農業大学校に進学するとゆう形で、この道に進んできました。農協就職後も、農業と直接的に関わりのある業務に就かせて頂けて、本当に嬉しく頑張ろうと気持ちに満ちていました。

まず単刀直入に言うと、私が辞めてしまった理由は先輩のパワハラ、セクハラでした。一人前になるまでは、先輩といつでも一緒に行動し、仕事や農家さんの場所を教えてもらいながら仕事をしなくてはならなかったのですが、初めはとても充実していて楽しかったのです。ですが、日にちが経つにつれ、人権を全く無視したような行動を取られるようになりました。

先輩としては悪気はなく、私と仲良くなったようなつもりでいたのかもしれません。ですが、スケジュール帳を勝手に見られ、月曜日仕事に行くと、土日あったことをまるで見ていたかのように全て知られている。

農業についての質問をされ、答えられないと辞書のような本で頭を殴られる。少し何かをミスすると、それこそ追い詰めるかのように勤務時間が終了するまで責められる。3年間我慢に我慢を重ねました。

ですが、一向に先輩の態度は変わる事はなく、私は辞めるという選択を取らずにはいられなくなりました。私は、中学高校とバスケット部に所属していて、そこで先輩の後輩イビリなどを受けた事があった為、そこそこ精神面では強いという自信がありました。ですが、耐えられませんでした。そして未だに再就職が怖く、派遣の仕事をして生活しています。