「仕事辞めたい」を言う時機とは?巧妙に円満退社・転職せよ

新卒で仕事を辞めるタイミングとは

新卒で機械メーカー(修理が中心)の会社に営業事務として入社致しました。

同期入社の男性が一人いらっしゃったのですが、その社員は鬱病を患っているとの事でした。それが原因かは定かではございませんが、職務内容に対する理解力が非常に乏しく、ほぼ全ての仕事がこちらに回ってくる様に…。その上さらに、その社員さんからもなぜわからないのか不思議に思う様な質問を他の仕事をしている最中にされるため、

正直、私自身もそんなに頭のいい方ではないので困りました。その社員さんは早々に退職されてしまわれました。そしてそれから、社長と私しかいない状態がその後長く続きました。社長はお喋りが好きな方で、仕事中にずっと仕事と全く無関係のポイントサイトの話や、投資の話など延々してきます。一々こちらの顔を見て、修理の手を止めてまでしてこられることもございました。

その間、こちらが仕事がないときは良いのですが、データ打ち込みなど頭を使う仕事をしている最中だと大変困りました。そして出来上がった書類を見せるとミスがあり、今度は昔の従業員の話を引っ張り出して、ミスしたことに対して延々と話が始まります。やっと新たに入社されたのは、私と同じく営業事務の女性でした。

社長は60歳近くでしたが、自分が辞めたら修理を覚えて引き継いで欲しいと言い出しました。それまでもずっと、事務として入社したにも関わらず、要らないからといって、不要になった電源の解体を任せられたり、ドライバーを使って機械を開き、中の基盤を取り出して、はんだごて使って部品交換をさせられたり…と、

全く機械の知識のない職員に、エンジニアのような仕事を振られる事が多々ございました。この様な状況の中、将来をその会社で考えられないという判断につき、このタイミングで新卒ですが退職させて頂きました。