「仕事辞めたい」を言う時機とは?巧妙に円満退社・転職せよ

職務経験が本当に少ない私の苦渋転職記、みんなも負けるな!

新卒で入社してから私は、わずか半年で辞めて今は違う仕事に就いてます。

会社を辞める理由は本当に人それぞれであると思います。周りの人間関係、思っていた仕事とは違う…など

石の上にも3年とは言いますが、私はその考えは反対です。嫌々3年も働くのは周りの人にも迷惑をかけますし、その態度はどうしても隠し切れず、周りにも知らず知らずのうちに出てしまうものです。私はあまりに違う職種に配属され、まだ若いから何とかなると思いすぐに辞めてしまいました。

私は転職するにあたり、様々なサイトを利用しました。

転職サイトはサイトから直接応募するものから、転職紹介サイトに登録し紹介してもらうものなど様々であります。私は主に直接応募することが多かったです。転職紹介サイトに登録しましたが半年で辞めた私にはやはり紹介するには会社側にもリスクがあったのか、ほとんど紹介されませんでした。1年で1社でした。

また私自身、転職紹介サイトに紹介してもらって仮にとても行きたい会社でも、万が一思った会社ではなかったといった可能性もあります。そこでまた辞めたのでは転職紹介サイトの方にも迷惑がかかります。そういう負のスパイラルに陥り、結局私は転職紹介サイトはあまり積極的には利用しませんでした。

運よく私は転職サイトで自分で直接応募した企業に内定を頂き勤務しています。しかし決まるまではアルバイトしながら1年以上かかりました…

転職活動は本当に孤独であると思います。特に現在在職中の人は仕事をしながら、その合間を見てからの活動になり学生の就活とは全く違います。また決まってからもやめるタイミングであるとか引き継ぎなどもあります。しかしそこで決まり円満退職すると苦しみもひとしおであると思います。

「仕事辞めます」ということ

仕事を辞めたい」だと「相談」だと思われてしまいます。

自らの意思をはっきりと会社側につたえるためには管理職以上に伝えることが重要です。自分の意思は決まっているんだ、心づもりは揺らがないんだ。次の働く場所も決まってるし引越し先も決まっている。だからあと2ヶ月で辞めるからその手続をすすめてくれ、と伝えることです。

そして「退職願い」という書類を書くように手配していくことが大事なのです。

仕事を辞めるということは「転職」をともなうはずです。体調が悪いとかもう社会人じゃなくていいや、ニートになろうと思ってさえ居なければ。今の会社が自分にあわなかったのだと正当化することも重要です。よく自分の責任だと思えなどと言われますが、それを鵜呑みにしてはいけません。

自分は悪く無いと思うことでマイナスイメージを植え付けなくて次の会社への面接や対応に強気で行くことが出来るでしょう。

あらゆる世代の人に応じた仕事の辞め方、やめたい時にどうやって行動するか、あるいは行動しなくて良いことなどを確認すれば鬼に金棒です。